藤井寺 美容院 酸性カラー

2023/08/26 ブログ
logo

酸性カラーはノンダメージカラーです。

酸化カラーはヘアマニュキュアのことですが、FLORIE FEREでは酸化カラーと呼んでいます。

主にグレイカラーで使用しています。

酸性カラーは、髪の色が明るくすることは出来ない為、髪に明るさを求めておられないお客様や髪のダメージを気にされるお客様におススメしています。

通常のカラーは、髪をあかるくして希望の色味をだすために、キューティクルを開いてメラニン色素を削ります。

メラニン色素を削り、希望の色味を入れていきます。

その後にキューティクルを閉じますが、1度開いたキューティクルは開きやすくなり髪のタンパク質・アミノ酸が流失しやすくなり髪のダメージに繋がっていきます。

また、開きかけたキューティクルは引っかかりやすく髪のツヤ感がでにくくなります。

酸性カラーは、キューティクルを開かないで髪にお薬を吸着させていきます。髪の色は明るくはなりませんが髪へのダメージはありません。

酸性カラーは、持ちが悪いと言われています。

それを防ぐために、FLORIE FEREでは1度染めて加温して、もう1度染めて加温していきます。

通常のカラー程は持ちが良くないかも知れませんが、2度染めをすることで持ちが良くなります。

酸性カラーは、FLORIE FEREでは人気のメニューです。

Villa Lodolaオーガニックカラーと同じく人気があります。

髪に明るさを求めておられるお客様や、髪のダメージを気になられるお客様におススメしています。